【ダビマス】開発者インタビューまとめ

いままでの配合理論に ”よくできた配合理論” がプラス。
相性(ニックス)はあるが、ゲーム内では表現してない。におわす程度?
新要素 “才能” がプラス。先天的才能と後天的才能

G1 を勝つためには、とりあえずは『見事な配合』を狙う
良い成績を残した牝馬からは強い馬が産まれる
入厩解禁になる 1 歳の 9 月から調教開始することがオススメ
放牧はしなくてもよい

dabimas_logo

配合理論に新要素あり!?

──新しい配合理論はありますか?

姥 “よくできた配合”というのがありますね。表には出していないですが、相性も組み込んでいます。ただあくまで裏側のことであって、ゲームの表舞台には出てこないですけど。ある程度「これとこれの相性がよさそう」というのはにおわすんですけど、実際それがどういうものかはゲーム内で表現していないです。

──かつての『ダビスタ』にあった“ニックス”と同じようなものですか?

姥 そうです。ニックスがあった時代の『ダビスタ』を参考にしています。“よくできた配合”については、配合理論が苦手な人用ですね。さらに上級の“見事な配合”や“完璧な配合”まで行けるとさらに『ダビスタ』は楽しくなりますから、できるだけそこへ行ってもらいたいという意味で、1 段階落とした配合理論である“よくできた配合”を作っています。

──“よくできた配合”は比較的成立しやすいということですね。

姥 そうですね。なんとなく成立して、血統表を見てみると、あとひとつ系統が揃えば“見事な配合”になるな、とわかってもらえるような配合です。

──配合理論は画面上にもきっちり表記されていて見やすいなと感じました。

姥 実際見事な配合や完璧な配合は牧場長の言っているニュアンスであって、名前ではないんですよね。どうしようかなとは思ったのですが、ゲーム中で表現している内容なので、違和感のないレベルで表記しています。

http://app.famitsu.com/20161015_855198/

新要素“才能”が馬の個性を引き立てる

──新要素の才能についても詳細を教えていただけますか?

姥 名馬には固有の強みがある、という発想から盛り込んだのが才能です。強いものを出していくうちにどんどんインフレしていくゲームってあると思うんですが、それは絶対に避けたいなと。縦ではなく横の幅を広げたかったんです。たとえば同じ能力の馬ができたとしても、親からどの才能を受け継ぐかで、活躍できる場面が変わってきます。

基本的には親から子へと才能を受け継いでいくものですが、調教によって後天的に開く才能もあるはずなので、このタイプも本作に盛り込んでいます。それが“調教師が教えることによって何かに目覚めるパターンの才能”です。ただしこれは子どもには遺伝しません。

(中略)

神谷 才能にはふたつのパターンがあると先ほど言いましたが、親から引き継ぐ先天的な才能は強いんですけど、発動条件は限定されています。逆に調教で付ける才能は広く使えるけれどそこまで強くはない設定にしています。レースの条件や展開が読めたら、これしかないっていう才能を遺伝や調教で付けるんです。見事に当たったら勝ちやすくなります。逆に当たってなかったら勝てません。そういった読み合いはブリーダーズカップで盛り上がるでしょう。

──才能を複数付けることは可能ですか?

姥 調教で教える才能は複数付けられます。引き継ぐ才能はひとつだけです。馬のポテンシャルというものがあって、馬自体が持てる才能の上限は決まっています。何個付けられるかは馬体解析センターで確認できますよ。

http://app.famitsu.com/20161015_855198/

見事な配合を狙う。良い成績の牝馬からは強い馬が生まれる

―― なるほど。でも、繁殖牝馬のセールで「優」の馬を買ったこともありますが、「見事な配合」以上の配合理論が出たことがありません。「よくできた配合」では、GI ホースは難しいですよね…。

「絶対に無理というわけではありませんが、とりあえずは『見事な配合』を目指しましょう。特に ★5 評価の種牡馬など、能力の評価が高い種牡馬を配合した『見事な配合』がオススメです」

―― “牝馬の血統の良し悪し”は関係ないのですか?

「もちろん牝馬の血統も大切ですし、良い成績を残した牝馬からは強い馬が産まれます。でも、いくら良血を購入しても種牡馬との相性が良くないとあまり意味がありません。セールで牝馬を購入する際は、配合したい種牡馬との配合の相性をちゃんとチェックしながら検討したほうがいいですよ」

https://r25.jp/it/00053961/

1歳の9月から調教開始すること。放牧はしなくても良い

―― デビュー月より早く仕上がるということは、1 歳の 12 月など、遅めに入厩させるのはアリですか?

「高いレベルのレースを目指すのであれば、それは止めた方がいいでしょう。というのも、この時期にしっかり調教しないと、十分な成長が見込めなくなる可能性が高いからです。早く仕上がることは前提として、入厩解禁になる 1 歳の 9 月から調教開始することをオススメします

(中略)

●スマートな放牧タイミングは?

――もうひとつ気になるのが「放牧」のタイミングです。調教師に「かなり疲労が溜まっているようです」と言われたら放牧に出しているのですが、馬によっては 30~40kg 増で戻ってくることも…。放牧に出すタイミングはいつが正解なのでしょうか?

「個人的には、ケガをしたときにしか放牧には出しませんね。『かなり疲労が溜まっているようです』と言われても、調教を控えるなどしておけば自然に回復しますし、神経質にならなくても大丈夫だと思います。放牧後、体重が増えると、調教時のケガのリスクが減るというメリットはありますが、逆にスタミナが減ってしまいます。なので、小まめに放牧に出すことはあまりオススメしません。ただ、目的のレースに合わせて、開催週の 2 カ月前などに放牧し、1 カ月前に復帰 → 1 カ月間で仕上げると、調子を整えやすいということもありますよ」

https://r25.jp/it/00054071/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です