きき酒能力を証明する唯一の資格「清酒の官能評価分析における専門評価者」

一般的に、よく知られているのは、ある民間団体が認定している「唎酒師」です。

唎酒師とは
特定非営利法人 FBO(料飲専門家団体連合会)の中の日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)という民間団体が認定している資格です。
飲み手の好みや要望を察知し、日本酒とその楽しみ方を提供出来る専門家。
http://kikisake-shi.jp/ より

この「唎酒師」ですが、
飲食サービス業、酒類流通販売業に従事する方々に加えて一般消費者の方にも、日本酒を理解・普及させる目的としては良い取り組みだと思います。
しかし、「唎酒師」取得者のきき酒能力が優れているかというと疑問です。
理由は簡単で、誰でもほぼ確実に取得できる資格だからです。私が知る限るでは、「不合格した」という話を聞いたことがありません。
酒造業界の人間にとって、「唎酒師」の資格にはきき酒能力的価値はないのです。

では、酒造業界の人が目指すきき酒能力に関する資格は何かというと、
独立行政法人 酒類総合研究所が認定する「清酒の官能評価分析における専門評価者」です。

清酒の官能評価分析における専門評価者(清酒専門評価者)とは
感覚の感受性が高く、清酒の香りや味の多様な特徴を評価するのに一貫して反復可能な能力を有している評価者で、清酒の官能評価の経験があるとともに、清酒の製造方法や貯蔵・熟成に関する知識を有している専門家です。
https://www.nrib.go.jp/kou/ssh_info.htm

これは、12 項目の官能試験すべてにおいて、統計学的に識別できると判断できる基準点以上でなければ取得できない資格になっております。
平成 19 年から開始し、105 名しかて認定されていません(平成29年9月末現在)
資格取得者のほとんどは、酒造メーカーの技術者や酒造技術指導者(国税局の鑑定官室の方々や都道府県の試験場職員の方々)ですが、ごく少数ですが一般の方も取得しています。

一般の方々が取得する方法は、
公益財団法人日本醸造協会主催の「実践きき酒セミナー」を受講した後、独立行政法人酒類総合研究所主催の「清酒官能評価セミナー」を受講し、官能試験すべてに合格すれば資格取得できます(識別した香りについての筆記試験も含まれていますので、きき酒能力だけでなく香りに関する高度な知識が必要となります)
きき酒能力に自信ある方は、チャレンジしてみて下さい。かなり難易度高いです。

おすすめの酒のイベント

規模の大きい日本酒イベントをピックアップしてみました。

酒まつり
開催時期:10 月 上旬の土日
開催場所:JR 西条駅周辺(東広島市)
前売入場券:1,600 円(税込)
当日入場券:2,100 円(税込)
来場者:20 萬人以上
20 万人を超える人出でにぎわう
全国約 1000 銘柄の地酒の試飲ができる酒ひろば、名物「美酒鍋(びしゅなべ)」が味わえる会場のほか、酒蔵通り周辺では各蔵元がコンサートなど趣向を凝らした酒蔵イベントが開催。

新潟淡麗 にいがた酒の陣
開催時期:3 月 上旬の土日
開催場所:朱鷺メッセ(新潟市)
入場:無料
前売試飲チケット:2,000 円
当日試飲チケット:2,500 円
来場者:10 万人以上
新潟県内約90蔵元、500種類の清酒大集結!2 日間、新潟県内約 90 蔵元が自慢の酒を一堂に持ち寄ります!

日本酒フェア
開催時期:6月中旬
開催場所:池袋サンシャインシティ
来場者:5,000人以上
全国新酒鑑評会の入賞酒を網羅した「公開きき酒会」(主催=日本酒造組合中央会/後援=国税庁、観光庁、内閣府知的財産戦略推進事務局)と、 45 都道府県の酒造組合が自慢の地酒を集めて試飲・販売を行う「全国日本酒フェア」(主催同。後援は前記のほか〔独法〕酒類総合研究所)が合体した、年に一度の日本酒の祭典。

杜氏の手がきれいな理由 

杜氏の手がきれいと言われる理由は、ずばり「手を使わないから!」

杜氏は、酒造メーカーの現場責任者、他の業種でいえば工場長です。役職でいえば、取締役や製造部長・課長級です。
杜氏の多くは、現場作業をほとんどしません。指示を出して結果報告を受けて、次の作業の段取りを考えるのが仕事です。

それほど手作業を行わずに、夜は蔵人とおいしいお酒で一杯!
お酒には、肌に良い成分も含まれています。なので、当然、肌はきれいになるでしょう。

(個人の意見です)

全国きき酒選手権大会

きき酒能力自慢したいなら「全国きき酒選手権大会」に出場しましょう!

全国きき酒選手権大会とは
「全国きき酒選手権大会」は、日本酒文化の普及・振興を目的に1981年にスタートし、今年で37回目を迎える歴史ある大会です。アマチュアを対象に、各県予選を突破した代表者が、日本酒に関する筆記試験と、7種類の日本酒について味や香りを確かめながら判別する“きき酒”を実施し、きき酒日本一を競います。

出場するためには、各都道府県予選を突破しなければなりません。
主催は各都道府県の酒造組合が行っている場合が多いので、興味ある方はググるか問い合わせてみましょう。

ちなみに東京予選の案内は
全国きき酒選手権大会東京予選会

吟醸香の今昔物語

二十数年前までの杜氏と蔵人の会話

杜氏「今日搾った吟醸酒の香りはどうだ?」
蔵人「いつもよりも青リンゴ様の吟醸香が高く、いいですねぇ」
杜氏「今回の仕込みは、いつもより突き破精麹にして、最高品温も 0.5℃ 下げて、追い水も早めに行ってみたんだ。その効果かな。」
蔵人「こんないい香りの酒が造れるなんて、さすがです。」

最近の杜氏と蔵人の会話

杜氏「今日搾った吟醸酒の香りはどうだ?」
蔵人「カプロン酸エチル(リンゴ様の吟醸香)の香りがプンプンですね。ちょっと香りが高すぎるかも。」
杜氏「最近の吟醸酵母は、香りが高すぎるなぁ。香りを抑える方法でもあればいいのだが・・・」
蔵人「酵母の種類でも変更しますか?」