日本酒の精米歩合の真実

一般的な意味

精米歩合とは、玄米が白米になる割合のことをいう。
灘酒用語集

法律による定義

精米歩合とは、白米(玄米からぬか、胚芽等の表層部を取り去った状態の米をいい、米こうじの製造に使用する白米(以下「こうじ米」という。)を含む。以下同じ。)のその玄米に対する重量の割合をいうものとする。
清酒の製法品質表示基準を定める件

酒造工程に沿った説明
精米歩合 60% の米を準備する場合、
精米機に 100kg の玄米を投入して、米を削っていき、精米機中のお米が 60kg になったときに取り出す。
ということになります。

清酒のラベルにかかれている『精米歩合』は、上記の精米歩合を示します。『見掛けの精米歩合』とも呼ばれます。

見掛けの精米歩合
できあがりの白米重量 ÷ 投入玄米重量 × 100

実は・・・
精米後の白米一粒一粒の重量を測定し、精米前の玄米の一粒一粒の重量に対する割合を計算すると
見掛けの精米歩合 60% の白米は、数パーセント高い数字になります。
これを『真精米歩合』と呼びます。

真精米歩合
できあがりの白米 1000 粒の重量 ÷ 玄米 1000 粒重量 × 100

このような差が出てくる主な理由は
・精米中に、一部の米は割れて砕米となり精米機から排出されるため
・精米中は米の温度が上昇するため、それにより米中の水分が蒸発するため

酒造現場では、
『見掛けの精米歩合と真精米歩合の差』が、精米工程の巧拙を示す指標のひとつになっています。
これを『無効精米歩合』と呼んでいます。

無効精米歩合
真精米歩合 - 見掛けの精米歩合

さて、話は戻りますが、ラベルに記されている「精米歩合」は、
精米機に投入された玄米の重量に対する、白米の重量の割合です。
100kg の玄米を投入して 1kg の白米ができあがれば、精米歩合 1% の白米と呼ぶことができます。
真精米歩合が、何パーセントでも。

精米歩合1%!? 山形・楯の川酒造が究極の高精白に挑んだ純米大吟醸酒「光明」を10月1日に発売 < SAKETIMES

世の中には、精米歩合 1% の日本酒もあるようですが、真精米歩合は何パーセントなのでしょうか。
仮に米が球形だとすると
精米歩合 1% の米の直径よりも精米歩合 50% の米の直径は 3.68 倍(50 の 3 乗根)長いはずですが・・・

Graphy カスタマイズ #2 投稿者プロフィールを表示しない

Movable Type から WordPress に変更して少しずつカスタマイズしながら WordPress の仕組みをお勉強 #2。

投稿者プロフィールについて
デフォルトでは、アイキャッチ画像を設定すると各コンテンツ(記事)のトップおよび最近の投稿リストにアイキャッチ画像が貼られます。
私的には、各記事には必要な画像を張り付けるのでアイキャッチ画像は不要。最近の投稿には、アイキャッチ画像を活用したいと思ってます。

変更点備忘録
・content-single.php の以下の赤字の部分を削除し、子テーマにアップ

<?php
/**
* The template used for displaying single post.
*
* @package Graphy
*/
?>

<div class="post-full post-full-summary">
<article id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>
<header class="entry-header">
<?php graphy_category(); ?>
<h1 class="entry-title"><?php the_title(); ?></h1>
<?php graphy_entry_meta(); ?>
<?php if ( has_post_thumbnail() ): ?>
<div class="post-thumbnail"><?php the_post_thumbnail(); ?></div>
<?php endif; ?> ← ここは、前の記事で削除した部分
</header><!-- .entry-header -->

<div class="entry-content">
<?php the_content(); ?>
<?php wp_link_pages( array( 'before' => '<div class="page-links">' . esc_html__( 'Pages:', 'graphy' ), 'after' => '</div>', 'pagelink' => '<span class="page-numbers">%</span>', ) ); ?>
</div><!-- .entry-content -->

<?php if ( get_the_tags() ) : ?>
<div class="tags-links">
<?php the_tags( '', esc_html__( ', ', 'graphy' ) ); ?>
</div>
<?php endif; // End if $the_tags ?>

<?php graphy_author_profile(); ?>

</article><!-- #post-## -->
</div><!-- .post-full -->

<?php graphy_post_nav(); ?>

<?php if ( class_exists( 'Jetpack_RelatedPosts' ) ) : ?>
<?php echo do_shortcode( '[jetpack-related-posts]' ); ?>
<?php endif; ?>

※追記

Graphy カスタマイズ #1 アイキャッチ画像を各記事で非表示、最近の投稿リストで表示する

Movable Type から WordPress に変更して少しずつカスタマイズしながら WordPress の仕組みをお勉強。

アイキャッチ画像について
デフォルトでは、アイキャッチ画像を設定すると各コンテンツ(記事)のトップおよび最近の投稿リストにアイキャッチ画像が貼られます。
私的には、各記事には必要な画像を張り付けるのでアイキャッチ画像は不要。最近の投稿には、アイキャッチ画像を活用したいと思ってます。

変更点備忘録
・content.php の以下の部分を削除し、子テーマにアップ

<?php
/**
* @package Graphy
*/
?>

<div class="post-full post-full-summary">
<article id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>
<header class="entry-header">
<?php if ( is_sticky() && is_home() && ! is_paged() ): ?>
<div class="featured"><?php esc_html_e( 'Featured', 'graphy' ); ?></div>
<?php endif; ?>
<?php graphy_category(); ?>
<h2 class="entry-title"><a href="<?php the_permalink(); ?>" rel="bookmark"><?php the_title(); ?></a></h2>
<?php graphy_entry_meta(); ?>
<?php if ( has_post_thumbnail() ): ?>
<div class="post-thumbnail">
<a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_post_thumbnail(); ?></a>
</div><!-- .post-thumbnail -->
<?php endif; ?>
</header><!-- .entry-header -->
<div class="entry-content">
<?php the_content(); ?>
<?php wp_link_pages( array( 'before' => '<div class="page-links">' . esc_html__( 'Pages:', 'graphy' ), 'after' => '</div>', 'pagelink' => '<span class="page-numbers">%</span>', ) ); ?>
</div><!-- .entry-content -->
</article><!-- #post-## -->
</div><!-- .post-full -->

・content-single.php の以下の部分を削除し、子テーマにアップ

<?php
/**
* The template used for displaying single post.
*
* @package Graphy
*/
?>

<div class="post-full post-full-summary">
<article id="post-<?php the_ID(); ?>" <?php post_class(); ?>>
<header class="entry-header">
<?php graphy_category(); ?>
<h1 class="entry-title"><?php the_title(); ?></h1>
<?php graphy_entry_meta(); ?>
<?php if ( has_post_thumbnail() ): ?>
<div class="post-thumbnail"><?php the_post_thumbnail(); ?></div>
<?php endif; ?>
</header><!-- .entry-header -->

<div class="entry-content">
<?php the_content(); ?>
<?php wp_link_pages( array( 'before' => '<div class="page-links">' . esc_html__( 'Pages:', 'graphy' ), 'after' => '</div>', 'pagelink' => '<span class="page-numbers">%</span>', ) ); ?>
</div><!-- .entry-content -->

<?php if ( get_the_tags() ) : ?>
<div class="tags-links">
<?php the_tags( '', esc_html__( ', ', 'graphy' ) ); ?>
</div>
<?php endif; // End if $the_tags ?>

<?php graphy_author_profile(); ?>

</article><!-- #post-## -->
</div><!-- .post-full -->

<?php graphy_post_nav(); ?>

<?php if ( class_exists( 'Jetpack_RelatedPosts' ) ) : ?>
<?php echo do_shortcode( '[jetpack-related-posts]' ); ?>
<?php endif; ?>

※追記 2016/11/14
タグを検索してみると、content-summary.php にも同様なタグを確認していますが、デフォルトでどのような表示になるか確認してから修正します。

WordPress テーマ Graphy の子テーマの作成

Movable Type から WordPress に変更し、
テーマを Graphy にし、
カスタマイズするために、子テーマ – WordPress Codex 日本語版を参考に子テーマを作成しましたが、なぜか親テーマのスタイルシートが子テーマのスタイルシートよりも後に読み込まれている様子。

Google で検索してみると、WordPress 日本語ローカルサイトのサポートフォーラム
似たような症状の方へ、テーマの作者の方からの回答を発見

テーマ作者の方曰く

Graphyはスタイルシートの読み込みがやや複雑であり、子テーマを自作するのは難しいと思ったので、子テーマの雛形をテーマページからダウンロードできるようにしました。
http://themegraphy.com/ja/wordpress-themes/graphy/

今後子テーマを作成したい方はこちらからダウンロードしてご利用下さいませ。

ということで、Graphy の子テーマの雛形を無事ダウンロードできました。
私だけかもしれませんが、ダウンロードのリンクを見つけるのに苦労したのでキャプチャを下に貼り付けます。
screencapture-themegraphy20161109