【ダビマス】ウォーフロントで見事な配合

最強馬が生産できるのではないかと噂のウォーフロント



ウォーフロントの見事・よく出来た用系統は、
Native Dancer
Fairway
Nearctic
St.Simon

ポイントは、Fairway 系が入っていること
父父、母父の親系統が、Fairway が入っている種牡馬は限られてます。
ウォーエンブレム、コマンズ、ホワイトマズル

〆の繁殖牝馬の父は、ウォーエンブレム(父父 Nearctic、母父 Fairway)に
〆前の繁殖牝馬の父は、父父の親系統が St.Simon である、タップダンスシチー(もしくはデビッドジュニア)
その前はノーザンダンサー系の自家繁殖牝馬で可能。

ウォーフロント × (ウォーエンブレム × (タップダンスシチー × ノーザンダンサー系自家繁殖牝馬))

※追記 2017/01/06
上記の配合を何頭かためしてみましたが、全くダメ
スタートが自家繁殖牝馬だと、因子が薄すぎるためかなぁ;

【ダビマス】Tips

【入厩前コメント】
「とても元気に走り回ってるよ」:根性も気性も普通
「ちょっとヤンチャだけど」:根性が A~C、または気性が悪い
「大人しくて落ち着いた感じ」:気性がいい、または根性が低い

【1歳1月~8月コメント】
「速い馬になりそうな」:スピードが A~D
「結構根性ありそう」:根性が A~C
「結構丈夫な身体みたい」:回復力が一定以上?
「この仔は優しい性格だね」:気性が A~C

【1歳9月以降コメント】
「結構スピードがありそう」:現在のスピードが A~D
「スタミナがかなりついて」:スタミナが A~C
「なかなか根性があるみたい」:根性が A~B
「とても落ち着いているね」:現在の気性がいい
「とても丈夫で健康みたいね」:体質が A~B
「体質的に弱い面があるから」:体質が D~E
「早い時期からデビュー」:早熟型
「ちょっとオクテの血統だから」:晩成型

【その他コメント】
「この仔はすごくバネがあるし」:根性が A~C?

【入厩時期】
1歳9月1週入厩がベスト
 馬体解析済みであれば、1 歳 9 月 1 週入厩
 それ以外もコメントチェックが済めば早めに入厩

【調教効果】
スピード:芝、ウッド、ポリ、坂道
スタミナ:ダート、ウッド、坂道、プール
根性  :併せ
気性  :芝一杯、ダート一杯

【調教方法】
※私の標準的な方法で、これがベストかどうかは分かりません;
入厩から馬体重が減るまで:ダ併せ + 坂路強め 中心に、坂路一杯 を 1/3 ほど
太い          :坂路一杯 もしくは ウッド強め で調整
調子が落ちてきたら   :坂路馬なり 2 回
出走後は        :基本、坂路強め

BC 登録用の馬     :ピーク直前から出走しない。最終レース後 3 か月以内に BC 登録
期待できない馬     :お任せ調教に変更
             
【放牧の必要性】
基本的に「無し」で大丈夫

【放牧によりスタミナ減少分】
検証サイトによって微妙に異なる結果に??
【徹底攻略9】放牧によるスタミナ減少の検証では
 ダート馬なり 10~11 回分
 ダート強め 5~6 回分
 ダート一杯 4 回
 ダート併せ 4 回
 ウッド強め 14 回

【ダビマス】放牧はスタミナ調教何回分なのかを検証では
 ダート強め 4 回分

【レースでの成長】
スピード、根性、気性の3つが成長。スタミナは変化なし

【ピークを過ぎたときの衰え】
レース使用時、ピークを過ぎてからの期間に応じたレベルまで衰える
レースに使用しなければ能力は維持される。

【ダビマス】エルダーローズからの★5完璧な配合

星5 で完璧な配合を狙う場合
多くの種牡馬(ハーツクライ、ディープインパクト、ステイゴールド)では、
Phalaris 系が見事・よく出来た用系統にあるために、適当に配合していても見事な配合や完璧な配合にはなりません。
Phararis 直系の繁殖牝馬は、ブリングイットオンとエルダーローズのみ

ブリングイットオンを使い、

ステイゴールド用に
ヒシミラクル × (タップダンスシチー × ブリングイットオン)牝馬を作成し試してみましたが、

二代目の タップダンスシチー × ブリングイットオン 牝馬も
三代目の ヒシミラクル × (タップダンスシチー × ブリングイットオン) 牝馬も
良い産駒に恵まれずに、

ステイゴールドとの完璧配合の仔の能力は スピード B と C でした。

今回、エルダーローズがセリに出てきたのでもう一度チャレンジ!

ステイゴールド用に
ヒシミラクル × (タップダンスシチー × エルダーローズ)
を作成してみました。

運が良いことに、タップダンスシチー × エルダーローズ 牝馬が G3 で勝てる程度のそこそこの仔が産まれました。
ヒシミラクル × (タップダンスシチー × エルダーローズ) 牝馬も オープンクラス
期待できるほど強くはないですが、前回試した ブリングイットオン よりはちょっと期待して

ステイゴールドを配合してみました。今回も 2 生産してみました。

2 頭生産してみましたが、またもやスピードは B と C
ステイゴールドの安定が C であるためかなぁ;

【ダビマス】ブリングイットオンからの★5完璧な配合

星5 で完璧な配合を狙う場合
多くの種牡馬(ハーツクライ、ディープインパクト、ステイゴールド)では、
Phalaris 系が見事・よく出来た用系統にあるために、適当に配合していても見事な配合や完璧な配合にはなりません。
Phararis 直系の繁殖牝馬は、ブリングイットオンとエルダーローズのみ



ようやくセリに出てきました!

ステイゴールド用に
ヒシミラクル × (タップダンスシチー × ブリングイットオン) 

ハーツクライ用に
(ヒシミラクル × ブリングイットオン) × プルークボーゲン 

これで完璧な配合を試してみます!

追記 2016/12/17
ステイゴールド用の
ヒシミラクル × (タップダンスシチー × ブリングイットオン)
の繁殖牝馬は完成! 

ただ、タップダンスシチーの仔も、そのヒシミラクルの仔も弱い。
それでも、ステイゴールドを配合してみました。

結果、

2 頭生産してみましたが、スピードは B と C
繁殖牝馬の能力が乏しくステイゴールドの安定が C であることを考えればこんなもんですかねぇ

また、ハーツクライ用に
(ヒシミラクル × ブリングイットオン) × プルークボーゲン
もがんばってみたのですが

ヒシミラクル × ブリングイットオン の牡馬

が重賞勝てない・・・弱すぎです;;
ブリングイットオンも高齢になったため、この配合のお試しはいったん終了。