日本酒の酸化を気にするよりも隙間を気にしよう!

一般的に、日本酒は瓶などに詰めてから味は劣化する一方です。
なので、なるべく劣化する程度を少なくする方法 = 最適な保管方法となります

一概には言えませんが、注意すべきは

光 > 温度 > 隙間 >>> 酸素 

の順ではないかと、私は思います。

【光】
日本酒は、日光・蛍光灯の光で著しく着色が進みます。それに伴い香りも変化しますので、化粧箱に入ったものはそのままで、化粧箱がなければ新聞紙やアルミホイルで遮光して保存するのがベストです。

【温度】
生酒以外は、熱殺菌を行っているため酵素による変化は殆んど起こりません。
しかし、非酵素的な化学反応は起こります。これは、温度が高いほど反応しやすいので、保管温度は低いほど良いです。
ただ、冷凍保存すると通常の日本酒は凍ってしまいますので冷蔵保存がおすすめです。
※アルコールが高く味が濃い酒ほど凍る温度は低くなります。 アルコール 20%、日本酒度 -5 のアルコールが高く甘口の酒で、家庭用の冷凍室で凍るか凍らないかの境界線レベルです(経験則)

【隙間】
隙間があると、日本酒の香りは揮発します。
特に、吟醸酒・大吟醸酒の吟醸香の主成分である、カプロン酸エチル や 酢酸イソアミル というリンゴ様・バナナ様の果実香は揮発しやすい成分です。
なので、飲みかけの日本酒を保管していると、容器上部の隙間に良い香りが揮発してしまいます。
「開封直後はもっと美味しかったのに、味が変わったなぁ」なんて経験はないでしょうか?この原因が多いです。
飲みかけの日本酒は、内容量に合った容器に移し替えて保存するのがベストです。

【空気・酸素はワインほど悪影響はない】
日本酒にとって空気・酸素の影響は、それほど大きくはありません。
最近、日本酒の酸化防止用に容器上部の空気を抜くグッズなども販売されているようですが、使わない方が良いです。
使う事によって、容器上部が減圧状態になり、隙間の体積以上に吟醸香が揮発してしまいます。
酸化防止よりも吟醸香の揮発防止の方が、日本酒の品質保持には重要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です