酒粕の最適な保存方法

一般的に、酒粕は常温または冷蔵で販売されています。
なので、家庭でも表示に従って保管している場合が多いかと思います。

酒粕の 50% は水分とアルコールです。アルコール分は 8~10% です。
残りの 50% が米・麹・酵母菌体になります。酵母の菌体量は、想像以上に多いです。

また、新鮮な酒粕では、酵母は生き残っています。また死滅していても、麹菌や酵母菌由来の酵素がたくさん含まれておりますので、低温~常温では、酒粕は変化してしまいます。

運が良ければ(?)お酒に変化します。

そんな酒粕の保存方法ですが
酒蔵の人間からのアドバイスは下記の通りです。
お試しください!

【最適な保存方法】
小分けにして冷凍保存
1~2 年程度は保管可能

【最適な解凍方法】
あらかじめ冷蔵庫に移して自然解凍

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です